会長挨拶

会長ごあいさつ

会長
熊谷市医師会ホームページにアクセスして頂き、有り難うございました。

このたび、第81回定例会員総会及び令和2年度第3回理事会において、会長に選任されました。
両副会長、役員、一致団結して会の運営にあたってまいる所存です。どうかよろしくお願いいたします。
熊谷市医師会は昭和22年11月1日に誕生し、今年で73年になります。
現在会員数は225名、医療機関数は122となっております。私たちの医師会では、「医療を通じて地域社会に貢献する」「公正な医療の提供を目指す」「学術団体として、会員の医療の質の向上をはかる」という3つの基本理念を掲げ、市民の健康を守ることを第一に考え、熊谷市と協力し各種事業を展開しております。 以下に主な事業を記します。

  1. 乳幼児には、各種予防接種、乳幼児健康診査、児童生徒には、内科、耳鼻科、眼科の検診に加え心臓検診、小児生活習慣病検診、受動喫煙検診も行っています。
  2. 成人には、特定健診、各種がん検診、骨粗鬆症検診、もの忘れ検診、高齢者インフルエンザ・高齢者肺炎球菌予防接種等を行っております。
  3. 小児と成人の夜間急患診療所を設置し、365日夜7時30分から10時まで診察をしています。 休日・祝日・年末年始は昼の時間帯も診察をしています。
  4. 毎年秋には、会員手作りの「市民健康フォーラム」を開催して、市民の方への健康に対する啓発活動をしております。
  5. 医師会に付属している看護専門学校を運営し、看護師、准看護師の養成に力を注いでおります。
  6. 近年、豪雨、地震など自然災害の発生が不安視されております。そのような災害時の医療体制の準備を続けております。さらに令和2年の1月から新型コロナウイルス感染症のパンデミックが襲来し、地域の帰国者・接触者外来の立ち上げには埼玉県・熊谷市と協力し、県内でもいち早く複数の拠点で実施しました。PCR検査センターも市内に開設し、令和2年6月現在稼働しております。今後も緊急事態の中で、市民の皆様の健康を如何に維持していくか考え、実践していきます。

これからも市民の皆様の健康を守り、信頼される医師会を目指し、日夜努力してまいりますので、ご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。

熊谷市医師会
会長 小林 敏宏

会員専用ログイン
会員用
理事用